東京

休日おでかけパスで東京近郊の秘境駅めぐりをしてみよう!

休日おでかけパス

JR東日本が発売している「休日おでかけパス」をご存知でしょうか?

東京近郊の休日のおでかけに便利な1日乗り放題のお得な切符です。今回はこの休日おでかけパスの詳細と切符を使ったおすすめのプランをご紹介いたします。

休日おでかけパスとは?

休日おでかけパスは、その名の通り休日に発売されている切符です。土日とゴールデンウィーク(4/29~5/5)、夏休み(7/20~8/31)、冬休み(12/29~1/3)に発売されています。

料金は2,670円。有効期限は1日で、JR東日本の普通・快速列車の普通車自由席、東京臨海高速鉄道線(りんかい線)全線、東京モノレール線全線が1日乗り降り自由となります。

さらに特急券やグリーン券などを購入すると、新幹線・特急列車・普通列車グリーン車なども利用できます。ただし、東海道新幹線は利用できないので注意が必要です。

切符はフリーエリア内のJR東日本のおもな駅の指定席券売機や、みどりの窓口・びゅうプラザ、そのほか提携している旅行代理店などで購入できます。

乗れるエリアは?

下記の駅を最端としたエリア内で利用できます

東方面

・成田空港駅(千葉県成田市)成田線
・上総亀山駅(千葉県君津市)久留里線
・土浦駅(茨城県土浦市)常磐線

北方面

・本所早稲田駅(埼玉県本庄市早稲田)上越新幹線(北陸新幹線)
・神保原駅(埼玉県児玉郡上里町)高崎線
・自治医大駅(栃木県下野市)東北本線(宇都宮線)
・足利駅(栃木県足利市)両毛線

西方面

・奥多摩駅(東京都西多摩郡奥多摩町)青梅線
・武蔵五日市駅(東京都あきる野市)五日市線

南方面

・小田原駅(神奈川県小田原市)東海道本線
・久里浜駅(神奈川県横須賀市)横須賀線

総面積11,415.54平方キロメートル、各駅を直線で結ぶと、合計距離528.94キロメートル程度で、広さはジャマイカの国土10,991平方キロメートルと同じくらい、直線距離にすると、岩手県花巻、京都あたりまで行くことができます。

ちなみに、上総亀山駅から小田原駅まで通常料金で行くと、3,350円になるので680円お得になります。そんな便利な休日お出かけパスを使って、東京の秘境駅に行ってみませんか?

切符を使ったおすすめのプラン

都内にはここが首都東京とは信じられないような駅が今でもひっそりと使われています。せっかくの電車の旅なら、秘境駅を巡ってみてはいかがでしょうか。

おすすめ駅はこちら。

青梅線白丸駅

休日お出かけパスの西端、奥多摩駅の1つ手前の駅です。奥多摩はハイキングなどで人気のスポットで観光地化していますが、1つ手前の白丸駅ならそんなことはありません。

名前もかわらしいこの駅は、都内駅の1日乗降者が一番少ないで駅なので、ゆったりと奥多摩の自然を満喫することができます。

鶴見線国道駅

横浜と川崎の間にあるこの無人駅は、一歩駅を出ると昭和にタイムスリップした気分を味わえる駅です。駅のすぐ横の建物には、なんと戦時中に米軍機の機銃掃射によってできた銃痕が残っており、今でも見ることができます。

鶴見線海芝浦駅

鶴見線の終点駅の海芝浦駅は、その名の通りホームが海に面しています。ホームの柵を一歩越えればそこは海。ここまで海の近くにある駅はほかにはありません。近いと言うより、もう、海の上にある駅と言っても過言ではありません。

この駅は東芝の敷地内にあり、社員用の駅なので、休日お出かけパスでは改札を出ることはできませんが、隣にある海芝公園は、東芝が敷地を解放して一般でも入れるようになっているので、ここでのんびり海を眺めるのもおすすめです。

東京駅→白丸駅→国道駅→海芝浦駅→東京駅ルートの通常乗車料金は、3,102円なので432円お得です!休日お出かけきっぷで、普段は行かない都内にある秘境駅巡りをしてみてはいかがでしょうか。

>>休日おでかけパスの詳細はこちら

ABOUT ME
アオイ
「え?なんでそんなところ行くの?」と言われるような隠れスポットを求めて、ひとり旅をしています。好きな時に好きな所へいける楽しいひとり旅のお手伝いを、歴史・廃墟・マイナースポット・お酒好き目線でお届けします!