東京

1,000円で1日何度も乗り降り自由!「東京メトロ・都営地下鉄共通一日乗車券」を使ったモデルコースと購入方法

共通一日乗車券

東京観光の移動手段で欠かせないのが地下鉄です。この東京を走る地下鉄には都営線と東京メトロ線があり、表参道や恵比寿などのおしゃれスポットをはじめ、池袋や渋谷、上野など都内を網羅しています。

今回はこの東京メトロと都営地下鉄をお得に乗ることができる「東京メトロ・都営地下鉄共通一日乗車券」についてご紹介します。

東京メトロ・都営地下鉄共通一日乗車券とは?

東京メトロ(銀座線、丸ノ内線、日比谷線、東西線、千代田線、有楽町線、半蔵門線、南北線、副都心線の9路線)と、都営地下鉄(大江戸線、浅草線、三田線、新宿線、都電荒川線、日暮里・舎人ライナー)の全線が1日乗り放題になる切符です。

>>地下鉄の路線図を確認する

チケットの詳細

金額は1,000円。初乗りは東京メトロが170円、都営地下鉄が180円なので、元をとるには何度も乗り降りが必要になります。なので、移動距離が10km以上の中・長距離移動の利用におすすめです。

短距離の場合はより金額の安い「東京メトロ24時間券」もあるので、こちらの利用が良いかもしれません。

[clink url=”http://girls-tabi.com/metoro-24hticket/”]

お得な特典やサービスも!

お得な特典

実は一日乗車券を提示すると100以上の施設やスポットでお得な特典や、サービスを受けることができます。

たとえば、上野動物園ではオリジナルグッズをもらえたり、東京水辺ラインでは乗船料が割引されたりなど、施設によってさまざまな特典が用意されています。普通に旅するよりもとてもお得に旅できるんです。

>>お得な特典やサービスを受けられるスポットの詳細を見てみる

この切符を使ったモデルコース

>>浅草~上野~築地~都庁、定番中の定番観光スポットが楽しめるモデルコース

購入できる場所

東京メトロ・都営地下鉄共通一日乗車券は、前売り券と当日券があり、当日券であれば各駅の券売機で購入できます。

券売機

左側のメニューの中から「おトクな切符」をタッチして、共通一日乗車券を選択。

購入画面1

すると「お金、またはカードをお入れください」という画面が出てくるので、お金を入れます。

購入画面2

お金を入れてしばらくすると乗車券が出てきます。

共通一日乗車券

利用する際は改札機に通します。PASMOやSuicaのようにかざして通過することはできないので注意してください。

※前売り券は、都営地下鉄の各駅事務所(押上、目黒・白金台、白金高輪、新線新宿駅を除く)、東京メトロの中野駅・西船橋駅・渋谷駅(副都心線)を除く定期券売り場で購入できます。