宿泊

【浅草】屋内なのにテント泊!?1泊2,500円の格安お宿「ジャポニカロッジ」宿泊レポート

ジャポニカロッジ

「ジャポニカロッジ」をご存知ですか?

都内の有名観光スポットに激安で泊まって、しかもキャンプ体験もできてしまう一度で二度おいしい宿です。安宿探しはもちろん、キャンプをしてみたいけど、テントや寝袋って実際どうなの?という方にもおすすの宿となっています。

今回はそんな「ジャポニカロッジ」の宿泊レポートをお届けします。

場所は隅田川沿いの一等地!

都営地下鉄銀座線の浅草駅A5出口を出て右へ歩くこと約5分。

浅草駅A5出口

カレーショップcoco壱番の先を進むと「ジャポニカロッジ」に到着です。

ジャポニカロッジ

coco壱番の手前の道を右に入ると、隅田川沿いの道路に出るので、そちらを歩いても川沿いの眺めを楽しめます。今回は川沿いから行きました。

お店の外観は和テイスト。夜は宿、昼間は日本文化である「お茶」を楽しめるカフェとしても営業しているので、のれんにお茶の文字が入っているのです。

中に入ると、宿泊者が使える共有エリアとなっています。

共有エリア

テーブルやイスがなんだかキャンプ用品っぽいのは、この宿がアウトドアメーカーのアンテナショップも兼ねているから。

実際に使って、良さを知ってから購入してもらうスタイルなのです。

テーブルの上にはフリーのお茶ポットがありました。宿泊者なら自由に飲めます。さすがはお茶カフェ。

お茶ポット

受付で宿泊者カードの記入と、1泊の宿代(1,700円)を払い、自分が泊まりたい空いているテントを選ぶと鍵を渡され、スタッフさんが説明をしてくれます。

・貴重品は鍵付きの専用ロッカーへ
・門限はなし。ロッカーキーに玄関の鍵も付いているので、それで深夜でも出入り可能
・ベッド(テント)数は10床。男女混合
・喫煙はテラスのみで可能。
・バスルームは1つ
・トイレは男女別に1つずつ
・室内スリッパは自由にどうぞ。
・タオルは有料レンタル(100円)
・部屋のみで明かりが消えて暗いときは、個別ライト貸し出しあり
・チェックアウトは鍵付きロッカーに鍵をさして出て行く

と、とてもゆるい感じです。

スタッフさんも宿泊しているので、何かあれば呼ぶこともできます。

チェックアウト時のみで確認はいらないのかな?と聞いてみると、「何もなければ、僕を起こさず出て行って構いません、寝かせてください(笑)」とのことですので、マイペースで使えそうです。

一通りの説明を終え、いざ一晩限りのマイベッドならぬマイテントへ!

ここが私のテントです!グリーンの室内にオレンジ色が映えます。

テント

また、ハシゴで2階に登るというのがちょっとした冒険心を刺激しますねー。中には1~2cmほどのウレタンシートのようなものが敷かれており、その上に寝袋を敷いて寝るようになっています。ちなみに枕は空気で膨らませるタイプです。

テントの中

嬉しいのが、各テントにコンセントが2~3個あること。これならスマホの充電もバッチリです。

コンセント

こちらはテント内から共有エリアをのぞき見た感じ。

テントの外

寝てみると周囲のベッドとの間には壁もなにもないのですが、テント内にいるため、見えてしまうこともありません。ただし、音はすべて漏れてしまうのが難点かもしれません。

こちらの音が漏れるということは、あちらの音も聞こえてくるということで、ほかの宿泊者のイビキ、寝返り、携帯の音もしっかり聞こえてきます。

宿泊エリアの写真はこんな感じでした。

宿泊エリア

別角度からはこんな感じ。

宿泊エリア

室内にはお風呂や男女別のトイレもあります。 

お風呂

ただ、とても開放的です。入り口はすだれがかかり、奥には曇りガラスの扉。開ければすぐに浴室です。洗い場兼脱衣所とバスタブがあります。リンスインシャンプーとボディソープは備え付けで自由に使えます。

タオルはチェックイン時に100円程度で借りることもできるので、身軽に泊まりたい方は借りても良いかもしれません。

ちなみに鍵付きロッカーは20cm角程度の荷物なら、しっかり収納できるサイズです。

ロッカー

肝心の寝心地は?

一晩寝た感想は「悪くはない」でした。身体が痛くなることは全くなく、身長168cmの私でもしっかりと足を伸ばして寝られたので、窮屈さもゼロ。(ただし、ベッドによってはテントのサイズが違うのでご注意ください)

テントの中

唯一気になる点は、2階のテントだっためため、寝返りなどで動くと、ベッドがきしんで音を立てること。深夜のみんなが寝静まった後だと、その音の大きさにドキッとしました。

誰かを起こしてしまわないかという申し訳ない感じがして、ゆーっくり動いて、音を最小限にとどめる努力をしてしまいました。神経質な方には不向きですね。

こんな方におすすめ

快適な宿泊をご希望ならこの宿はおすすめしません。安くて変わった宿に泊まりたい、どちらかといえば大雑把な方、それほど周りを気にしないで過ごせる方におすすの宿です。

ほかの宿泊客と会話も楽しめましたし、コミニュケーション好きな方も良いかもしれません。

最後にこちらで宿泊した方は、店内のアウトドアグッズが2,500円割引で購入できるそうです。アウトドアブランドアンテナショップの特典ですね。

また、宿泊予約はたくさんの予約サイトやアプリでもできますが、公式サイトからWEB予約すると、最安値で泊まることができます!お得に変わった体験をしてみたい方はぜひ泊まりに行ってみてください。

旅データ

ABOUT ME
アオイ
「え?なんでそんなところ行くの?」と言われるような隠れスポットを求めて、ひとり旅をしています。好きな時に好きな所へいける楽しいひとり旅のお手伝いを、歴史・廃墟・マイナースポット・お酒好き目線でお届けします!