スイーツ

【蔵前】カカオ豆から板チョコへ!おしゃれなチョコレート専門店「ファクトリー&カフェ蔵前」

ファクトリー&カフェ蔵前

2月と言えば・・・そう、バレンタインデーです!

年に1度、女性が勇気を出して、気になる男性にチョコレートで愛を告白する日・・・。

なんて、ロマンティックではありますが、最近では「義理チョコ」「友チョコ」「自分チョコ」「逆チョコ」などなどさまざまなチョコが存在しています。

そんなバレンタインを控えた2月、今回は「Bean to Bar(※)」のこだわりから、すべて自社ファクトリーで製造・販売する、日本初上陸の「ダンデライオンチョコレート ファクトリー&カフェ蔵前」へそのこだわりの味を楽しみに行ってきました。

※Bean to Bar
Bean=カカオ豆、Bar=チョコレートバー(板チョコ)。カカオ豆がら板チョコレートになるまでの工程をすべて自社で行うこと。

場所は大江戸線蔵前駅から歩いて10分。

ダンデライオンチョコレート

駅に面した大通りから一本裏に入った所にあります。目の前には公園が広がり、窓からの眺めも期待できそうです。着いたのが夕方だったので、店内の明かりが昼間より暖かく迎えてくれました。

店内に入ると奥のファクトリーまで丸見えの広々とした空間が広がります。あまりに広すぎてどこがオーダーをするレジだかわからなくておろおろしてしまいそう。

店内

でも、笑顔が素敵な店員さんがすぐに声をかけてくれました。レジ前にはおいしそうなスイーツが並んでいます。

スイーツ おつまみ

上の羽子板のようなものに乗っているのは、おつまみだそうです。こちら以外はすべてテイクアウト可能です。

悩んだあげくオーダーしたのはメニューの一番上に書いてある「ハウスホットチョコレート(580円税別)」です。オーダーをしてお金を払うと名前を聞かれます。出来上がったら名前で呼んでくれるシステムのようです。

その間に店内を見回してみました。

店内

奥に広がるファクトリーでは、何人ものスタッフの方が忙しそうにチョコレートを作っています。その様子を手前のカウンターに座って眺めながらチョコレートを楽しむことができます。

ここで作られたシングルビーンのチョコレートも販売されてます。1枚1,200円となかなかのお値段。

そうしていると、名前を呼ばれオーダーしたホットチョコレートが届きます。

ホットチョコレート

ぽってりしたマグにたっぷり注がれたホットチョコレートは見ているだけで癒されます。小さなクッキーも嬉しいです。

「マシュマロもご自由にどうぞ」

という店員さんの声に釣られ、そばにあったマシュマロも2つトレイに乗せて、2階のソファー席へ階段をあがります。1階はカウンターのみ10席程度、2階にはソファー席とワークショップスペースがあり、合わせて70名くらいが入れるようです。

2階

2階も1階と同じくらい開放的な空間です。部屋の中央に大きなテーブル、それを囲むようにテーブル席とソファー席が並びます。

ガラス張りの奥にはワークショップスペースがあります。電球の並べ方がオシャレです。

ワークショップスペース

テーブル席に座って、ホットチョコレートとクッキー、マシュマロをいただきます。クッキーはほんのりシナモンの味がしてチョコレートと合う!

ホットチョコレートは甘すぎず、濃すぎず。でもしっかりとチョコレートの味がするとてもおいしい味でした。マシュマロを浮かべて飲むのもよいかもしれません。

帰りにオートミールクッキー(330円税別)をテイクアウトで買ってきました。直径10cmくらいはありそうな大きさで、ざくざくとした歯ごたえと、大粒のチョコレートがよいアクセントになって、1枚でも十分な食べ応えがありました。

新しいチョコレートのスタイル「Bean to Bar」。そのなかでもダンデライオンチョコレートは、本命はもちろん、自分用のご褒美チョコにもおすすめです。

旅データ

ABOUT ME
アオイ
「え?なんでそんなところ行くの?」と言われるような隠れスポットを求めて、ひとり旅をしています。好きな時に好きな所へいける楽しいひとり旅のお手伝いを、歴史・廃墟・マイナースポット・お酒好き目線でお届けします!