寺社

【港区】一千年の歴史を誇る都内有数の神社「芝大神宮」で天照皇大御神にお詣りしよう!

境内

港区の芝神明(旧町名)界隈は、江戸時代には浮世絵の版元が集まり、昭和になっても料亭が並び、芸者さんが行き交うような、粋で下町情緒あふれる町でした。

今ではすっかりオフィス街に様変わりしましたが、その芝の街にある「芝大神宮」は、コンクリートの鳥居と高い階段の印象から、近代的な神社と思われがちですが、一千年を超える歴史をもつ由緒ある神社です。

鳥居

寛弘2(1005)年、平安時代の一条天皇の時代に創建され、伊勢神宮の御祭神である「天照皇大御神(あまてらすおおみかみ)」と、「豊受大神(とようけのおおかみ)」を主祭神としてお祀りしています。

神事

源頼朝や徳川家からの信仰も篤く、江戸時代には「関東のお伊勢さま」と呼ばれ、庶民からも大変親しまれました。平成17(2005)年に鎮座千年を迎え、盛大な千年祭も行われました。

例大祭※写真は千年祭のものではありません

芝大神宮は、江戸火消しの「め組」と相撲取りとのトラブル、「め組の喧嘩」の舞台としてもおなじみです。江戸の火消しには「いろは」の組名がつけられていましたが、芝大神宮周辺は「め組」の管轄でした。

当時、東海道を旅する人にとっては、「芝大神宮」「増上寺」「泉岳寺」は人気の観光スポットで、芝大神宮の境内には、相撲や芝居小屋などがかかり、大変賑わっていたそうです。

そこで起こった「め組の喧嘩」は、歌舞伎では「神明惠和合取組」の演目で現在も上演され、主演の役者は芝大神宮に参拝する慣しがあるそうです。

め組の碑

「め組の喧嘩」のきっかけは、火事を知らせるための半鐘でしたが、その後三宅島に流されたそうです。今では秋の大祭期間中に展示され、2月の節分祭で「半鐘祭」も行われています。

鳳輦

毎年9月に行われる例祭は、10日間もつづくので「芝神明のだらだら祭り」といわれ、日本一期間が長いお祭りとしても知られています。

祭りの間は社前にお羽車と獅子頭が飾られ、一年おきに行われる本祭りでは、30基以上の神輿が町内を渡御し、芝の街並に江戸の活気がよみがえります。

生姜塚

例祭中には「生姜市」が開かれ、葉しょうがが売られます。これは鎮座当時、周囲が生姜畑だったので、神前に供えられ、参拝者にも売られたことがはじまりだそうです。

その様子は歌川広重が錦絵にも見られ、鳥居の側には生姜塚もあります。

生姜飴

授与所では生姜湯や生姜飴も扱われていますが、体が温まり、ノドが潤うので、風邪予防におすすめです!

名越の祓

6月には「茅の輪くぐり」が行われる、「大祓式(おおはらえしき)」が行われます。

罪やけがれ、災いなどを形代に移し、身代わりになって清めてもらうという神事で、「夏越の祓(なごしのはらえ)」ともいわれます。

階段の踊り場に設けられた茅の輪をくぐるのは、ちょっとスリリングでもあり、とてもご利益がありそうです。

力石

境内には、江戸時代の祭礼などで「力比べ」に使われた「力石」が残されています。

江戸後期には職業としての力持ちが活躍したそうですが、五十貫(約190kg)の力石を金杉の藤吉という人物が、片手で持ち上げたという言い伝えがあるそうです。

授与所

授与所には、ほかの神社では見られない芝大神宮ならではのお守りや縁起物が置かれています。

なかでも、衣類が増えて良縁に恵まれ、女性として幸福な一生を送ることができるといわれる「千木筥(ちぎばこ)」は、女性にとても人気があります。

三方を重ね、藁でくくった形は、江戸時代から変わらぬそうで、今では東京の郷土玩具として広く知られています。箪笥に入れておくと、よいそうですよ!

千木筥

お守りには、強運(きょううん)を上回る、「強運守(ごううんまもり)」が人気を呼んでいます。

強運守り

その年のラッキーカラーが取り入れられ、カラフルで可愛いお守りですね。女性の2019年のラッキーカラーは「紅・白・黄」です!

また、芝は元来商売人の多い地域なので、商売繁盛と千客万来を祈念した「商い守」があり、白は「白星・土つかず」、黒は「黒字」といわれ、求める営業マンも多いようです。

階段

初詣をはじめ、オフィス街のため企業でのご祈祷、11月には七五三のご家族、白無垢の花嫁さんを筆頭に結婚式の行列が階段を上がる光景も度々見ることができます。

大きな鳥居の前で立ち止まり、頭をたれる近隣の人の姿は、芝大神宮と氏子との強いつながりを感じさせます。スポーツ選手や芸能人がお参りに来ることも多いとのこと。

境内

24段のコンクリートの階段を上がると、境内の上には広く空がひらけ、清々しい空気が流れています。ヒーリングスポットとしても人気の芝大神宮ですが、千年の歴史に思いを馳せ、ぜひ参拝してみてください。