東京

【奥多摩】都心から1時間半、東京とは思えない自然を満喫できる「奥多摩渓谷」

吊り橋下

日常生活に疲れたなあ、癒されたい…と思うときはありませんか?

そんなときは、自然に囲まれた渓流で、川のせせらぎ、小鳥のさえずり、木々の葉擦れなど、自然を五感で感じてリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。

都心から1時間半で自然の癒しスポットへ

新宿から中央線で青梅、さらに青梅線で30分、合計1時間半で行ける癒しスポット、奥多摩渓谷は都内から気軽に行けるハイキング・キャンプスポットとしても人気です。

駅から5分で、よりどりみどりの散策コース。

散策マップ

奥多摩駅周辺には、「奥多摩ふれあい森林浴コース」があり、体力や時間に合わせて好きなコースを歩くことができます。

駅を出て左手に観光案内所の建物があり、無料でもらえるマップには所要時間も書いてありますので、ぜひ手に入れてください。

ほかにも近隣お食事処マップや、クーポンなどもありますので、行動予定を立てるなら立ち寄りたいスポットです。

散策スタート!

今回は15分のコースです。

奥多摩交差点のそばにあるお寺から川辺には降りて、川の水に触れてから散策しにいきます。

神社前

奥多摩交差点そばの神社の前から下り坂に沿って歩くと、吊り橋が見えてきます。

河原

その手前にある石段を降りると河原に到着。ここではテントを張ってキャンプもできるようです。

川の眺め

川の水もとてもきれいで、ここが東京都だとは信じられません。

川と足

訪問したのはゴールデンウィーク中で、天気も良く、半袖で過ごせる気温でしたが、川に足を入れると冷たくて、気持ちよかったです。

しばらくのんびりした後は散策再開

先ほど通り過ぎた吊り橋からスタート。

1つ目の橋

人が1.5人ほど通れるくらいの散策路は、木々に覆われてちょうど良い日陰になっています。

散策路

散策路は舗装されておらず、落ち葉などが落ちていますが、スニーカーなどなら十分歩ける道です。

ボート

視線を下に降ろすと、河原でくつろぐ人や、カヌーを楽しむ人などがいます。

2つ目の吊り橋

もう一つの吊り橋を渡ります。

散策路には、大きな木や、岩にびっしりと生えた苔のような植物、岩の間をチョロチョロと流れる水など、視界を楽しませてくれる物もたくさんあります。

巨木

とても大きな木。苔むしかげんが貫禄たっぷり。

苔

苔のような葉っぱたち。丸くてかわいらしいです。

ここが本当に東京なのかと思えるくらい自然に溢れた散策路を15分くらいで歩き終えると、なんだか気分もすっきりしていました。

時期も新緑の5月ということもあって、緑も濃く、イキイキしていて、それがさらに効果的だったのでしょうか。

吊り橋下

もっと長く歩ける2時間以上のコースもあり、リュックに登山靴、ストックを持った本格派の方でも楽しめそうです。

渓谷なんて遠いからなかなか行けないよー。とお考えの方がいらっしゃいましたら、騙されたと思って一度奥多摩へ行ってみてください!

東京の奥深さを体感できること間違いなしです。

ABOUT ME
アオイ
「え?なんでそんなところ行くの?」と言われるような隠れスポットを求めて、ひとり旅をしています。好きな時に好きな所へいける楽しいひとり旅のお手伝いを、歴史・廃墟・マイナースポット・お酒好き目線でお届けします!